Restless Thoughtlessness

by Utah Kawasaki

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥1,300 JPY  or more

     

  • Compact Disc (CD) + Digital Album

    Includes unlimited streaming of Restless Thoughtlessness via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 2 days

      ¥2,000 JPY or more 

     

1.
01:00:06
2.
01:00:13

about

Utah Kawasaki's 5th solo album following his previous "Songs I Played 2" released in 2013.

“Based on a web page that analyzes the non-disclosed NRPN (MIDI message indigenous to a device) specifications of the Alesis Micron digital synthesizer, I implemented a program that changes its configurable parameter value little by little (like floating in a space that has [Number of Parameters] units of dimensions). I ran that program and let it go on, and recorded two sessions each for an hour.”

Utah Kawasaki

Automatically synthesized electronic sounds caused by Utah’s unique approach (which differs from modular synths or live coding) continue to violently playback from this double CD album. It is a recording of a sound, somewhat like a sculpture that endlessly changes its form without any intention. The random textures that arise are truly superb.

2013年発表の『Songs I Played 2』以来、5年ぶりのソロアルバム。

「AlesisのMicronというデジタルシンセサイザのNRPN(機器固有のMIDIメッセージ)の非公開仕様を解析したページを参考に、設定可能なパラメータの値をすこしずつ変化させる([パラメータ数]個の次元を持つ空間の中を漂うような感じ)プログラムを実装し、それを実行して1時間放置したものを2セッション録音しました。」

とは本人談。レーベル的なコメントをあえて付け加えるならモジュラーシンセやライブコーディングとは違った、独自のアプローチにより自動的に合成された電子音がただひたすら凶暴に再生され続ける2枚組。目的なく形状が変化していく彫刻のような音響の記録。ランダムに立ち現われたテクスチャーを愛でつつ、正座で聴いて欲しい至高の音盤です。

----

紹介文:

オーストリアの映画監督ミヒャエル・ハネケは《71フラグメンツ》という作品で、卓球を練習する男性の長回し映像を用いた。「場面はそれが持つ長さだけ続くのだ。それによって人は別のことを理解する。構造の秘密とは長さを見つけ出すことだ。私が観客なら言う『もうわかった』。普通なら次のシーンだ。最初は楽しんで、そのうち腹が立つ。次に飽きてくる。私は言う『先に進もう』。そして有る瞬間見つめ始める。それから呼吸するのだ。」と彼は当作品のインタビューで語った。

Utahの今作は、一つのデジタルシンセサイザのみによって制作され、通常では設定不可能な値を少しずつ変化させるプログラムを彼自身が実装・実行し、自動演奏されたものを録音することで制作された。その音は落ち着き無く過激に変化し続けるが、均質的であり予想可能な領域を出ない。更にそれが約2時間続くが故に、映画の長回しと同じように退屈さは免れない。むしろそれが音楽で有るが故に、退屈さはより強固なものと言える。

私たちと音楽の関わりはその退屈さに呼応するかのように、より強く視覚体験と従属することとなった。以前は潔白なまでに音楽を流す為だけのメディアがあったが、今では動画サイトでイメージに内包され続けながら音楽を聴く。このような状況下において音楽は、私たちに音楽そのものから別の何かへ注意を向けるようにさえしている。音楽とは今も昔も、何かに服従することを望んでいる。

私たちが他の事物に注意を奪われた時、音楽はただ音を垂れ流す何かとなり、私たちはその存在を意識の隅へ送る。それでも音楽は決められた時間を終えるまで音を流し続け、放置され、それにより思慮無い(Thoughtlessness)何かが浮遊し始める。音楽が呼吸をし始める時とは、まさにその放置によって服従から開放された時だろう。Utahの今作は、音楽が放置されることを賛歌し、ある一つの景観を示したと言えるだろう。

文・山形一生(美術家) - issei.in

credits

released June 20, 2018

Recorded at home, Jan 23, 2016 0:11 a.m. - 2:51 a.m.
No improvisations, no overdubs

Mastered by Makoto Oshiro
Designed by Hirozumi Takeda
Photography by Ryo Fujishima

© 2018 Utah Kawasaki

license

all rights reserved

tags

If you like Restless Thoughtlessness, you may also like: